ボアクランプ

ボアクランプとは特長仕様動画カスタムカタログ

ボアクランプとは、ロケーション用の穴があるワークのセンタリングを行い、クランプするために使います。ボアクランプは、センタリングクランプ、内径クランプ、インナークランプとも呼ばれます。
ロケーション用の穴を使い、精度の高い、位置決めを行うことが出来るため、ワーク外周部の公差が大きい鋳物のクランプに、多く使用されています。また、ワーク外周部にクランプをする場所がない場合、また、機械加工する際にクランプ機器が邪魔になる場合に、ボアクランプは最適なクランプ機器となります。
駆動方式は、手動式、空圧式、油圧式がありますが、導入が手軽である「手締め式」ボアクランプが、市場では、よく採用されています。手動式にも、外部駆動源としてシリンダー等を接続して使うタイプもあります。
手動式ボアクランプに大きく2種類あります。ロケーション用の穴に合わせてセルフカットするタイプ。こちらは、クランプストロークは小さく、加工面にのみ使います。他は、クランプストロークが大きく、鋼球などを介してクランプしますので、未加工面にも使えます。

導入によるメリット

  • 位置決めとクランプを同時にできる
  • 高い繰り返し位置決め精度
  • 穴のサイズに合わせて選択できる
  • 鋳物など未加工ワークのクランプ
  • 外周をクランプ出来ないワークのクランプ
  • 駆動装置とを使い半自動化ができる

2017年にハルダー社(HALDER)がWPR社を事業継承し、内製化しました。WRP社が持つ独創的な設計思想は、ハルダー社(HALDER)によって受け継がれています。他社にない圧倒的ストローク、クランプ力で幅広い機械加工に対応可能です。

特長

選べるクランプ部(ボール/セグメント)
内径の傷つきを避けるときはセグメント
円精度を気にせずクランプしたいときはボール

/下操作
通常の上から操作タイプに加えて下から操作タイプあり
通し穴でなくとも、クランプ可能

圧倒的なストローク長
通常タイプでは得られないストローク幅
穴に合わせて追加工の必要なし

特注可能
豊富な標準ラインナップに加えて特注可能
最適サイズをご提案します

ボアクランプ手締め式

画期的なドイツ製ボアクランプ!

タイプ 操作 特長 注意点
セグメント 上から 内径に傷が付きづらい 要円精度
ボール 上から 円精度は必要なし 内径に傷がつく
セグメント 下から 通し穴でなくとも良い 要円精度
ボール 下から 同上 内径に傷がつく

 

■セグメント/ボール(上から操作)

■セグメント/ボール(下から操作)

ボアクランプ手締め式の紹介アニメーション動画です。

やりたい加工に合わせた製作が可能です。弊社にお問い合わせください。

従来型、マンドレルタイプもあります。

油圧式ボアクランプもあります。

RH

■標準機械部品
総合カタログ

■ボアクランプ
カタログ抜粋

■その他:
選定冊子

製品、CADデータに関するお問合せはロームヘルドハルダー(株)までお問い合わせください。