フローティングクランプ

フローティングクランプとは特長仕様動画採用例カタログ

びびり振動の課題

加工中に生じるワークのビビり振動を、一般的なクランプ機器を使って取り除くことは簡単ではありません。複数の治具を用いてワークを固定し振動を抑制する場合、治具の数が増えてしまい、段取り工数が増えてしまいます。特に、薄い肉厚部分を強い力でクランプすると、ワークを歪めてしまうことが大きな課題となっています。

フローティングクランプで解決

フローティングクランプとは、このような課題を解決するためのクランプ装置です。
ワークの高さに倣ってクランプ口金が移動し、その位置でクランプするので、変形・歪みの原因である負荷を与えません。もちろん、しっかりとワークを固定しますので、確実にびびり振動を無くすことが出来るクランプ装置です。

導入によるメリット

  • 加工精度の向上
  • 治具点数の削減
  • ワークの段取り替え時間の短縮
  • 作業効率の改善

 

ハルダー社(HALDER)のフローティングクランプは、高い精度が要求される航空機用エンジン、自動車部品の加工に採用されています。このフローティングクランプのユニークな機構は、ハルダー社(HALDER)の独自の技術です。

特長

加工中のビビり振動を抑制
口金がワークの上下をしっかりクランプし振動を除去

ワークに歪みを与えないクランプ
下側の口金がワーク底面とスプリング力で接触
ワーク毎の高さに合わせた歪みが生じないクランプが可能

治具の標準化、コスト低減
専用治具の製作は不要

作業工数の低減
高さ調整など難しい作業不要
簡単な操作で素早くクランプ

フローティングクランプ

ビビり振動の抑制に最適

型式 調整範囲
(mm)
クランプ領域
(mm)
最大サポート力
(kN)
クランプ方式
23320.0008 72-80 0-12 8 同時に固定
23320.0012 102-112 0-12 8 同時に固定
23320.0016 163-175 10-25 25 同時に固定
23320.0010 72-80 0-12 8 別々に固定
23320.0014 102-112 0-12 8 別々に固定

 

ワークのサイズや用途に合わせて、5つのタイプをご用意しております

ワークのクランプと口金位置のロックが同時タイプ:素早いクランプ向け

ワークのクランプと口金位置のロックが別々タイプ:デリケートなワーク向け
口金(上側)のクランプとフローティングクランプの本体の固定が別々なので、ワークを歪ませずに固定します

◆口金オプション

開口幅を大きくする、ワークを点で咥える、受けを取り付けるなど、豊富な種類の口金をご用意しております。また、特注品・追加工も可能です。
詳細は弊社までお気軽にお問い合わせください。

◆関連製品
ワークサポート

加工上サポートが必要な部分をバネ力で支持

 

 

フローティングクランプの使用例の動画です。

薄いワークの振動しやす場所をクランプ

ワークを3点で固定した後に4点目をクランプ

 

■標準機械部品
総合カタログ
■フローティングクランプ
カタログ抜粋

製品、CADデータに関するお問合せはロームヘルドハルダー(株)までお問い合わせください。