5軸加工用・油圧駆動バイス MC-PZH

5軸加工用・油圧駆動バイスとは特長仕様動画採用例カタログ

5軸加工用・油圧駆動バイスとは、油圧源によって口金を駆動させクランプ、アンクランプの動作を行うクランプ製品です。手締めを必要とせず油圧駆動によって自動化システムを実現することができます。
油圧式クランピングブロック、油圧マシンバイスとも呼ばれます。

導入によるメリット

  • 高精度5面加工が可能
  • 最小ツールパスの実現
  • 油圧駆動でクランプ・アンクランプ
  • ロボットとの連携

 

マシンバイスで高度な技術を持つロームヘルドグループ(Roemheld)のヒルマ(HILMA)が開発した「MC-PZHシリーズ」は、高い剛性とクランプ力を実現し、油圧を利用してコンパクトなボディーでワークを確実にクランプします。

特長

・セルフセンタリング
精密なリンク機構を採用したセルフセンタリングシステムにより、
安定した繰り返し精度を実現します。

・密閉構造
スピンドル部への切粉や切削油が侵入しにくい構造により、
自動化においてのトラブルを無くしています。

・油圧駆動
作動圧が高いため、コンパクトながら高いクランプ力を発揮、
また、クランプ力のばらつきがありません。

60zh 100zh 125zh

MC-PZHシリーズ(油圧駆動センタリングタイプ)

自動化システムに最適

型式※ 口金幅
(mm)
締付力/圧力
(kN/MPa)
開口幅
(mm)
全長
(mm)
MC-P60ZH 60 12/32 6~150 194
MC-P100ZH 100 20/24 18~204 291
MC-P125ZH 125 35/26 18~400 505


※MC-P60ZHのA、Bポートは、底面のみになります。

油圧駆動センタリングバイスの動画です。
※ワークサイズ対するバイスの調整方法が確認できます。

 

MC-P*ZHシリーズと同様の油圧駆動タイプのASHシリーズ(片側口金固定)の動画です。
※口金も自動で交換ができる完全自動化に対応した油圧バイスです。

本体の口金の開き幅、ストローク、高さの特殊品製作が可能です。

異形ワーク形状に合わせた、特殊、サイズ違いの口金の製作も可能です
■ 5軸加工用マシンバイスMC-Pカタログ