ハンドリング機器

ハンドリング機器とは特長仕様動画採用例カタログ

ハンドリング機器とは、作業者が必要に応じてワークの高さ、向き、角度を任意に調節することができる機器です。工場の組立作業などでは、作業者が重量物を一人で持ち上げたり、中腰で屈んだりと無理な作業が見過ごされているケースがあります。ハンドリング機器を使用することにより、作業者の負荷を軽減し事故やけがの危険も減らすことができます。

導入によるメリット

  • 作業者の負担を軽減
  • 作業効率の改善
  • 安全性の向上

工業大国ドイツ生まれの優れたハンドリング機器です。
大きなワークや重量物を簡単にハンドリングすることが可能になり、製造現場を安全に、効率的に改善します。

特長

・最大600 kgのワークを、安全に昇降・回転・傾け・移動
・作業者によって異なる、最適な作業高さ、位置に調整可能
・目的や課題に合わせて、ハンドリング機器を簡単に組み合わせ
・身体への負荷を低減、事故やけがの危険も低減
・製品の品質向上に寄与

ハンドリング機器
「モジュログ」シリーズ

重いワークを素早く、確実に、軽々と

製品 最大荷重
(N)
垂直回転モジュール 6,000
水平回転モジュール 6,000
リフト・モジュール 6,000
チルト・モジュール 1,000
カート・モジュール 6,000
フロア・モジュール 8,000

 

個々のモジュールを簡単に組み合わせて、多機能のユニットを構成 

垂直回転モジュール
ワークを垂直に回転させる場合に使用します
水平回転モジュール
ワークを水平に回転させる場合に使用します
駆動方式:手動式/電動式
ワーク重量:最大2000N
オプション:インデックス機能
油空圧のメディアカップリング
駆動方式:手動式/電動式
ワーク重量:最大6000N
オプション:インデックス機能
油空圧のメディアカップリング
リフト・モジュール
ワークの昇降させる場合に使用します
チルト・モジュール
ワークを傾ける場合に使用します
駆動方式:油圧ペダル式/電動式
ワーク重量:最大6000N
ストローク:200-1000mm
駆動方式:手動式/電動式
ワーク重量:最大1000N
オプション:インデックス機能
カート・モジュール
ワークを移動させる場合に使用します
フロア・モジュール
床面に安定させて設置する場合に使用します

最大荷重:2000または6000N
その他:パーキング・ブレーキ付き
最大荷重:6000または8000N
クランプ治具
ワークの固定ジグ用の汎用ベース板
ゼロポイントクランピングシステムを使用することにより、ワークをワンタッチで着脱できます

 

ハンドリング機器「モジュログ」の使用例の動画です。

2本の電動リニア・アクチュエータを同期させて作業台の高さを調整できるます。

リフト・モジュールと水平回転モジュールを組み合わせた作業台です。

リフト・モジュールと垂直回転モジュールを組み合わせた作業台です。

リフト・モジュールとカート・モジュールを組み合わせた作業台車です。

■modulog-総合カタログ
■modulogデータシート集